『もっと気持ちよくなるマニュアル』生理周期の短い方、長い方。一般的にはどのくらい?*Angel's home*

生理周期

生理周期について

女性の生理周期

生理から生理の周期は約1ケ月のサイクルで女性の体に現れます。1回の生理の日数は個人差はありますが、大体4日〜7日です。周期的に繰り返される生理から生理までの約14日間の時期を卵胞期と言います。

女性の排卵日から生理の前日までの約12日〜16日までの時期を黄体期と言います。生理がはじまった日から次の生理の前日までの約25日から40日までの期間を月経周期と言います。

女性の体の生理は1ケ月の間に月経=生理、抱卵期、排卵期、黄体期を周期的に繰り返していきます。

この周期的な生理現象は、間脳という脳の部分にある視床下部が出すホルモンのコントロールによるものです。

【体験談あり☆】天使のおもちゃ箱人気NO.1の女性考案バイブ♪

視床下部は脳のほぼ中心あたりにある部分で、間脳と呼ばれる部分にあります。視床下部が指令をしてホルモンを出し、その刺激によって脳下垂体から卵胞ホルモンと黄体ホルモンが出されます。

周期的な生理はその抱卵ホルモンと黄体ホルモンの分泌量によって微妙に影響を受けています。

卵巣ホルモンが分泌されることで、子宮内膜が厚くなり、卵巣ホルモンが分泌を少なくすることで、子宮内膜がはがれてその際に出血が見られ、周期的な生理現象が現れるというわけです。

女性の生理の周期的な現象に関わるさまざまなホルモンの増減の働きは女性の体を健康に維持する上で重要です。

周期的な生理を中心に起こる1ケ月の身体の変化は、女性の身体のバランスを忠実に反映するバロメーターともいえるのです。

生理周期が短い女性

生理周期が短い場合には、無排卵月経であることも多いようですから、まずは基礎体温をつけてみるのが良いと思いますよ。

基礎体温を測定してみて、低温期と高温期がある程度分かれており、高温期間がおよそ14±2日程度あるのならまず大丈夫ですよ。

高温期が短い、高温期がないなどの場合にはやはり無排卵月経である可能性があります。

もちろん、無排卵だからと言って必ずしも排卵を起こさなければならないということはありませんし、むしろまだ若い年齢でしたら自然に排卵が起こってくることもありますから、子供ができないのでは?と悲観することはありません。

むしろ、不摂生、不規則な生活などに注意することの方が重要かもしれませんね。

未知なる快感を味わってみませんか?

過度のダイエットなどにより無排卵が起こるケースもありえますので、もし、基礎体温をつけてみて無排卵かな?と思ったら体温表を持って産婦人科を受診してみて下さいね。

○排卵がない場合
ホルモンバランスが崩れると生理周期も乱れる傾向がありますから、定期的に体温をはかってみましょうね。高温期がない場合は、排卵がおこっていない可能性があります。

○高温期があっても短い
プロゲステロンの分泌が少なくないと、高温期が短いことにより、不妊の原因にもなります。

体調により、周期が乱れることはありますが、「排卵のおこり」をみるために期間の長さはひとつの判断材料になります。自分の体調を知るために、婦人体温計で定期的に排卵日をチェックしてみましょう。

生理周期が長い女性

生理期間が長く、出血が多い原因としては、ストレスによるホルモンバランスの崩れが考えられますが、何らかの病気が原因で長くなっていることも考えられます。

病気の種類としては、 子宮筋腫、子宮内膜症、子宮頚管ポリープ、子宮頚ガン、子宮内膜ポリープ、甲状腺の病気などがあげられます。

女性の生理の悩みMenstrual problems

copyright©2010 Angel's home all rights reserved.