『生理の全て』毎月悩む生理前の肌荒れ。生理と肌荒れの関係性*Angel's home*


【体験談あり☆】感度と膣圧も!気持ちよくって人気NO.1ローター☆★

生理 肌荒れ

生理前の肌荒れについて

月経期。目安の時期=生理期間の約1週間

肌が乾燥して敏感になる

子宮の中でいらなくなった血液や老廃物(脂質や水分)を排泄します。女性ホルモンの分泌が一番少ない時期で、肌も水分や栄養素などが不足しがちです。

皮膚は「自然なピーリング」が行われる時期。古くなった角質層が垢となって落ちるスピードが高まり、新しい角質層が完全に作り直されます。

疲れやすい体質の人や貧血体質の人は、バリア機能が低下していきます。この周期には次のような肌トラブルが気になります。

  1. 乾燥や肌荒れがおこりやすい
  2. 毛穴が開き気味になる
  3. 肌が敏感になる
  4. かぶれや湿疹【しっしん】がでやすい

また、無理な運動をしたり、体を冷やす生活をすると「オ血【おけつ】(血が滞る)体質」になって、サメ肌やシミ肌になります。

卵胞期 目安時期=生理後の1週間

肌の状態が安定

卵巣から卵胞ホルモンの分泌が徐々に盛んになる時期です。子宮では内膜が厚くなり、血流も盛んになってきます。

皮膚は「湿潤」になる時期。卵胞ホルモンが皮膚のコラーゲンを増やし、弾力性を高めます。

そのため、この時期の皮膚は水分量が高まって、みずみずしい素肌が作られます。4つの周期の中で、肌が一番安定している時期です。

黄体前期 目安時期=排卵日から1週間

肌がべたつきやすくなる

黄体ホルモンの分泌が徐々に増え、卵胞ホルモンとともに一番分泌が多くなる時期です。子宮での粘液の分泌も盛んになります。

皮膚は「分泌」が盛んに行われる時期。皮脂が盛んに分泌され、皮脂膜が厚くなって、べたつきやすい肌質に変わります。

比較的皮膚トラブルの少ない時期ですが、ストレスや刺激物、胃腸の調子が肌に影響を与えやすい時期でもあります。

クリトリスに密着して強烈に刺激☆☆☆

黄体後期 目安時期=生理前の1週間

シミや大人ニキビができる

卵胞ホルモンの分泌が急速に低下してくる時期です。皮膚はこの時期も盛んに「分泌」が行われます。

皮膚の水分量が低下して皮脂とのバランスが崩れて相対的に油分が多くなり、毛穴がつまって角栓ができやすくなります。

また、体内で活性酸素が作られやすく、メラニン色素も生成されやすくなります。自律神経のバランスも不安定になってイライラしやすくなったり、体調を崩しがちです。

アレルギー反応も出やすくなります。

この期間に気になる肌トラブルには次のようなものがあります。

  1. ニキビ
  2. シミ
  3. くすみやクマ

このように、4つの周期で体も肌の状態もまったく違うことがわかります。こんなに違う肌の状態を同じ方法でスキンケアするのはナンセンス。

健康なキレイ肌のためには、生理周期に合わせてスキンケアを変えるのが正解です。


男性から愛されるカラダになりたい!

女性の生理の悩みMenstrual problems

copyright©2010 Angel's home all rights reserved.