『もっと気持ちよくなるマニュアル』彼が勃起しない原因が分かる*Angel's home*


二人のセックスをより良くする為の大人のおもちゃ通販店

勃起障害はどうして起こるの?

医学的にいうED、いわゆる勃起障害には様々な原因があげられます。メンタル的なものだったり、体の疲労、年齢…などなど。もちろん病院に行ってお医者さんの専門的な処方をうけるのもいいと思います。

自然のハーブで気になるサイズや硬さがぐんぐんと…?

セックスをして、彼が気持ちいいと感じているのになぜかイケない・・・。精子を作りだすメカニズムと人間の「性欲」とは、リンクはしているけれど同一ではありません。

人間の男女の性欲については、科学的には未だ解明されていないところが大きいのですが、男性には子孫繁栄を目的とした本能(食欲・性欲・睡眠欲)としての「性欲」と、生殖とは切り離された人間のコミニケーションとしてのセックスにおける「性欲」があります。

性欲がうすい場合は、年齢による肉体的なものが関係する事も考えられますが、それだって二人のコミュニケーション次第で乗り越えられない問題ではありません。

お互いの思ってること、感じてること、こうして欲しいといった要望などを言い合ったりしたり。彼をイカせてあげたいという、あなたの強い気持ちが大切になってきます。

内側から変えていくのもとっても大事。納豆、山芋などのヌルヌル系食材や、レバーや赤身の肉、すっぽんやウナギなど、精力のつくとされる食材をとって、楽しく取り組むのもいいですね。

セックスは体力を使いますからね。

最近元気のない彼にはスーパークリームを☆「絶倫」

男性は勃起できないことに対してとてもナイーブなもの。彼のせいだとか、自分に魅力が無いから等と否定的にならず、二人でよりよいセックスをするために、出来る限りの努力をしてみるコトが重要です。

イカないことやたたないことを彼氏に問い詰めたりすることは絶対にダメです!それがプレッシャーになって余計にイケなくなってしまいます。

大人のおもちゃを使ってみる

最近では、勃たなくなってきたから大人のおもちゃを使っているという方が増えています! セックスをより幅広く深く楽しむために、アダルトグッズは、もはや欠かせません。

いつものSEXでは満足できなくなってきたマンネリカップルや上級者が利用するものと思われがちなアダルトグッズですが、それだけではなく、男性の働きをサポートして、セックスにおいての色々な問題を解決してくれる素晴しい存在なのです。

とても沢山の種類があるので、柔軟な発想で、興味のあるものをとにかく使ってみて、自分たちにあったものを上手に探していってください。

アダルトグッズの中で代表的なのがローターとバイブ。女性を満足させる前に男性がイッてしまったり、体力が果ててしまったり、といった問題は、これで解消できます。

前戯の一環として使用しているカップルも多いです。ヌレが足りない時はローションを合わせて使います。

ローターはクリの刺激に効果抜群だし、バイブは、大きすぎると痛いので女の子に合ったサイズのものを選べば、彼のモノ以上の働きをしてくれることでしょう。

ただアダルトグッズまかせにするのではなく、手を使いあて具合を変えてみたり動かしたりする事で、よりリアルな感触に近づくので効果的になります。あとは、ペニスバンドを使ってみたら女性は満足できるかも知れませんね!

その他、マンネリの解決や性欲を掻き立てる役目としても、コスプレやセクシーなランジェリー、SMグッズ、バスグッズ、アナルグッズ等はお勧めです。

気分を高めるにはもちろんのこと、新しい世界で、より二人の絆を深められるプレイにチャレンジする事ができます。

また、アダルトグッズなしでは女性がイクという感覚を得られない場合は特に、その感覚を身つけられれば、イキやすい身体になることもできます。

ラブグッズを活用して、まずは脳に、イクとはどういう事かを記憶させるのに利用するのがいいでしょう。

自分たちのセックスや関係を良く理解して、より良いものにするために使うようにしてください。

もっと気持ちよくなるマニュアルManual comfortable

ひとりH編


  • オーガズムとは?・・・オーガズムとは、快感が最高潮に達する事を指します。女性は誰でもオーガズムに達するような体になっているとか…
  • オーガズムを感じよう・・・オーガズムはパートナーのテクニックが不足していたり、女性自身が自分の身体を知っていなければ感じることは出来ません。
  • ひとりHの基礎知識・・・オナニーは恥ずかしいことだとか、女性はそんなにするものではない、というように思っている人は少なくないのでは?
  • ひとりHの上手なやり方・・・男性が射精をするのがオナニーの目的ですが、女性の場合は、自分の体に触れて気持ちがいい、と感じればそれがオナニーになるのです。
  • 女性のひとりHデータ・・・私の周りで友達同士でひとりエッチの話をすることってなかったんですけど、今回はちょっと気になる女性のひとりエッチのデータを発表しちゃいます!!

ふたりH編

  • フェラチオ講座・・・女性としては、フェラチオテクニックを磨くことは、男性を虜にする手段の一つとも言えますね!
  • 女性のベッドテクニック・・・男の人も性感帯っていっぱいあります。ワキ、乳首、おへそ、ペニス、玉袋、アナル、太腿のつけ根、膝の裏、足の裏…。数えあげたらキリがないですよね。
  • 不感症の勘違い・・・不感症と思っている人は、性感帯の開発ができていないのかも知れません。
  • 女性のセックスの不満・・・ある女性はこう言っていました。「同じエッチは三回まで」と。ギクっとする男性が多いのではないでしょうか。。。
  • 彼と一緒にイキたい・・・彼が射精した瞬間に一緒に自分もイキたいと思うのですがなかなか難しいですね(汗)
  • 性交痛について・・・一言で性交痛と言いましても、セックスの時に膣の入り口付近が痛む場合には病的ではない場合が多いです。
  • 彼が勃たない・・・勃起障害はメンタル的なものだったり、体の疲労、年齢…などなど。

copyright©20XX Angel's home all rights reserved.