『もっと気持ちよくなるマニュアル』へようこそ。どうしたらオーガズムを感じられる?*Angel's home*


⇒感じる体にする為の大人のおもちゃ通販店「天使のおもちゃ箱」

オーガズムを得る方法

オーガズムに必要なこと

女性の身体と心からオーガズムについて考えてみましょう。オーガズムを感じるためには何が必要なのでしょうか?オーガズムは精神的な物ではありません。

オーガズムは身体の反応ですから、精神的に満足していても、パートナーのテクニックが不足していたり、女性自身が自分の身体を知っていなければ感じることは出来ません。

でも、オーガズムを感じることができないのは精神的な理由からが、とても多いのです。

ですから、パートナーがどんなに丁寧で愛情を込めて愛撫しても、女性が性的な刺激を受け入れて、快感に身を委ねることが出来なければ、オーガズムに達することは出来ないのです。

オーガズム(特に膣オーガズム)を感じることが出来ない女性はまずは、自分の身体と心を知ることから始めましょう。そのためには、積極的にひとりHをしてみるべきです!

オナニーをして自分の身体の気持ちよい所を知り、自分の興奮するポイントを探しましょう。そうすれば、パートナーのテクニックが不足している時に具体的にどうしてもらいたいかを話すことも出来ますね。また、ケーゲル体操で鍛えるとオーガズムを感じ易くなります。

オナニーを繰り返す

統計的にも、一番オーガズムを感じられるのがひとりHで、一番難しいのが、男女を結合するセックスという結果が出てるそうです。

まずは自分の性的感覚に没頭するのが大事です。クリトリスや小陰唇への刺激や時にバイブレーターを使って、オーガズムを得るようにしてみてくださいね!

ケーゲル体操をする

オーガズムに至らない女性の多くは、刺激を受けている時に膣周辺の筋が弛緩していると言われているので、膣周辺の筋肉を締め、数秒後に力を抜くことを繰り返してやってみましょう。

これをケーゲル体操と言います。

排尿時に排尿を止める要領で、10回を1セットとし、1日に数セット行うと、やがて会陰筋をリズミカルに収縮させたり、弛緩させたりするといいですよ!

ケーゲル体操をすると、締まりがよくなるだけでなく、尿もれが改善されたり、オーガズムを感じやすくなると言われています。

ケーゲル体操ってなぁに?と思う方はこちらをご覧下さい。

もっと気持ちよくなるマニュアルManual comfortable

ひとりH編


  • オーガズムとは?・・・オーガズムとは、快感が最高潮に達する事を指します。女性は誰でもオーガズムに達するような体になっているとか…
  • オーガズムを感じよう・・・オーガズムはパートナーのテクニックが不足していたり、女性自身が自分の身体を知っていなければ感じることは出来ません。
  • ひとりHの基礎知識・・・オナニーは恥ずかしいことだとか、女性はそんなにするものではない、というように思っている人は少なくないのでは?

  • ひとりHの上手なやり方・・・男性が射精をするのがオナニーの目的ですが、女性の場合は、自分の体に触れて気持ちがいい、と感じればそれがオナニーになるのです。
  • 女性のひとりHデータ・・・私の周りで友達同士でひとりエッチの話をすることってなかったんですけど、今回はちょっと気になる女性のひとりエッチのデータを発表しちゃいます!!

ふたりH編

  • フェラチオ講座・・・女性としては、フェラチオテクニックを磨くことは、男性を虜にする手段の一つとも言えますね!
  • 女性のベッドテクニック・・・男の人も性感帯っていっぱいあります。ワキ、乳首、おへそ、ペニス、玉袋、アナル、太腿のつけ根、膝の裏、足の裏…。数えあげたらキリがないですよね。
  • 不感症の勘違い・・・不感症と思っている人は、性感帯の開発ができていないのかも知れません。
  • 女性のセックスの不満・・・ある女性はこう言っていました。「同じエッチは三回まで」と。ギクっとする男性が多いのではないでしょうか。。。
  • 彼と一緒にイキたい・・・彼が射精した瞬間に一緒に自分もイキたいと思うのですがなかなか難しいですね(汗)
  • 性交痛について・・・一言で性交痛と言いましても、セックスの時に膣の入り口付近が痛む場合には病的ではない場合が多いです。
  • 彼が勃たない・・・勃起障害はメンタル的なものだったり、体の疲労、年齢…などなど。

copyright©20XX Angel's home all rights reserved.