『もっと気持ちよくなるマニュアル』女性が思うセックスの不満*Angel's home*

大人のおもちゃ通販店「天使のおもちゃ箱」
⇒二人のセックスをより良くする為の大人のおもちゃ通販店

女性が思うセックスの不満点

いつも同じセックス…

女性に、「彼氏とのsexで、一番の不満は何ですか?」と聞くと、圧倒的に多い答えがあります。それは、「いつも同じ体位、同じ責め方、同じパターン」というものです。

ある女性はこう言っていました。「同じエッチは三回まで」と。ギクっとする男性が多いのではないでしょうか。男性はたいていsexの時、自分のパターンを持っています。

たとえば、キスして、胸をもんで、胸にキスをして、だんだんと下の方へ。それからインサート。正常位から座位、女性上位、そしてバックに。最後は正常位でフィニッシュ、といった具合に。

けれど同じパターンのセックスを続けていると、必ず女性は飽きてきます。

わかりきったsexをするくらいなら、オナニーしている方がまし!」という女性もいるほどです。じつは、女性は心の奥底では、「いろんな男に抱かれたい」、という欲望があるのだといいます。

それは女性の本能で、より優秀な遺伝子を残すため、よりいい男、より優秀な男、より強い男を見つけては、子ダネを作りたがる欲求が女の体内に充満しているからだそうです。


⇒彼氏や旦那様とぜひ一緒に使ってみて!乳首ローターを使うとセックスも楽しめちゃう☆

男性だけではなく、女性もいい男とセックスをしたいと思っているのです。しかし、理性や社会は女性にそれを認めません。そのため、女性心理の奥底では、「いろいろな男とのセックス」という欲求が、絶えず渦巻いているのです。

「パターンの違ったセックス」は、その隠れた欲求を満たしてくれる唯一の手段。「パターン化したsex」を続けていると、女は「また一緒だわ!」とマンネリになり、体の奥底から浮気願望が、フツフツと出てきてしまいます。

女を満足させるには、ある時は激しく、ある時はやさしく、今日はベッドで、次はソファーで、体位の順を変えながら・・・もう一度言っておきます。忘れでないで下さいね。「同じエッチは三度まで」

大人のおもちゃや、媚薬をセックスに取り入れてみる

女性は最初戸惑うかもしれませんが、 大人のおもちゃ媚薬に興味を持ったことのない女性が少ないのも事実。

だって、誰だって気持ち良いことを嫌いなわけありませんから。肝心なのは、誘い方。女性が抵抗を感じない誘い方をしてあげましょう。

最初はローターを使うことから誘ってみてはどうでしょうか。いきなり大きいバイブを使うのは誰だって抵抗がありますので・・・

可愛いローターなら女性もO.Kすることが多いでしょう。愛撫の途中で、ローターを使い始めてみましょう。

必ず今までと違った感じ方に変わってきます。感じすぎて声の出ない女性もたくさんいることでしょう。

媚薬は、一緒に使っているというドキドキ感があります。よりよいセックスになること間違いなしですよ♪でも、これも毎回ではなく、特別なときにたまに使うのがポイントです♪


⇒【体験談あり☆】感度と膣圧も!気持ちよくって人気NO.1ローター☆★

もっと気持ちよくなるマニュアルManual comfortable

ひとりH編


  • オーガズムとは?・・・オーガズムとは、快感が最高潮に達する事を指します。女性は誰でもオーガズムに達するような体になっているとか…
  • オーガズムを感じよう・・・オーガズムはパートナーのテクニックが不足していたり、女性自身が自分の身体を知っていなければ感じることは出来ません。
  • ひとりHの基礎知識・・・オナニーは恥ずかしいことだとか、女性はそんなにするものではない、というように思っている人は少なくないのでは?
  • ひとりHの上手なやり方・・・男性が射精をするのがオナニーの目的ですが、女性の場合は、自分の体に触れて気持ちがいい、と感じればそれがオナニーになるのです。
  • 女性のひとりHデータ・・・私の周りで友達同士でひとりエッチの話をすることってなかったんですけど、今回はちょっと気になる女性のひとりエッチのデータを発表しちゃいます!!

【体験談あり☆】女性に大人気!クリや乳首を舐めまわすクンニマシーン

ふたりH編

  • フェラチオ講座・・・女性としては、フェラチオテクニックを磨くことは、男性を虜にする手段の一つとも言えますね!
  • 女性のベッドテクニック・・・男の人も性感帯っていっぱいあります。ワキ、乳首、おへそ、ペニス、玉袋、アナル、太腿のつけ根、膝の裏、足の裏…。数えあげたらキリがないですよね。
  • 不感症の勘違い・・・不感症と思っている人は、性感帯の開発ができていないのかも知れません。
  • 女性のセックスの不満・・・ある女性はこう言っていました。「同じエッチは三回まで」と。ギクっとする男性が多いのではないでしょうか。。。
  • 彼と一緒にイキたい・・・彼が射精した瞬間に一緒に自分もイキたいと思うのですがなかなか難しいですね(汗)
  • 性交痛について・・・一言で性交痛と言いましても、セックスの時に膣の入り口付近が痛む場合には病的ではない場合が多いです。
  • 彼が勃たない・・・勃起障害はメンタル的なものだったり、体の疲労、年齢…などなど。

copyright©2010 Angel's home all rights reserved.