『もっと気持ちよくなるマニュアル』オナニーのやり方♪*Angel's home*


⇒天使のおもちゃ箱で大人気のあのグッズをご紹介します♪見た目も可愛くて女性に大人気☆

ひとりHの上手なやり方

人恋しい一人の夜や、ちょっと激しく自分でHしたい時ってありますよね。ひとりHはストレス解消や安眠効果もあるんですよ。決して恥ずかしいことではありません!女性にだって性欲はあるんですよね。

性交痛の原因

女性のオナニー(ひとりH)ってどうやるの?

今までに一人エッチしたことない人っていますか? したことない! って言う人もいるかもしれないけど、興味があったり、やってみたいなって思うのがちょっと恥ずかしいけど普通ですよ。

男性が射精をするのが一人Hの目的であるのに対して、女性の場合は、自分の体に触れて気持ちがいい、と感じればそれは一人Hになるのです。

例えば、入浴後、バストケアをしているときに、ちょっと乳首を触ったとします。それが気持ち良くって思わず、また触れてしまった・・・そんなのもオナニーと言ってしまえばオナニーなんです。

それにオナニーのメリットって結構あるんですよ。

病気の早期発見や、エクスタシーを迎えるコツ、新しい性感帯の発見…などなど。あとは、鏡で自分のアソコを見るのもオススメです。

女性のオナニーのやり方は?

▲手や指を使って、胸やアソコを刺激する

▲バイブやローターなどの大人のおもちゃを使う

▲ふとんや枕をまたに挟んで押しつける

この3つが主なパターンですね。Hな漫画や官能小説、空想(女性はビジュアルよりも空想好きな人が多いようですね)などで、気分を高め、自分の気持ちいいという場所を触っていきましょう。

大人のおもちゃが好きな人は、乳首にローターを当ててみたりしてもいいですね。

脇腹、クリトリス、膣など感じるところを自由に触っていきましょう。このとき重要なのが、気持ち良さに没頭すること。罪悪感とかを感じないで。

自分の素直な欲求に身をまかせて、手を体を動かしてみてくださいね!体や膣をひととおり触れてみるときっと、アソコは潤いはじめていることでしょう。

入れるのは少し怖いかも知れません。でも、自分の体を知るという意味でも大切なこと!思いきって、はじめは指を入れてみましょう。もし、乾いてしまうようなら、ローションを使ってみてもいいですね。

とっても暖かくて、柔らかい粘膜。どこが気持ちいいかを探ってみて。意外と広い、膣道にびっくりするかも知れませんね。奥のほうのコリコリッとしたところが子宮口で、ここも性感帯のひとつです。

はじめは少し痛いような気がするけれど、充分に感じてくるととても気持ち良くなってくるはずですよ。

締まりや臭いに悩む女性の味方が登場☆ジャムウスティック

指で気持ち良さを味わったら、今度は、バイブやローターなどの大人のおもちゃを使ってみてもいいですよ。

このとき大事なのが、かならずバイブやローターにはコンドームをかぶせること。不潔な状態のものを膣のなかに入れてしまうと、思わぬ病気のもとになってしまいます。

最近ではバイブも大きければいいってもんじゃない! というような、女性が使って気持ちのいい、例えばGスポットに当たるようなバイブもでてきています。

太さ、硬さ、素材・・・お気に入りのものを探してみたいものですね。ちょっと勇気のある人は、ローターをアナルに入れてみたら、今まで感じたことのない、快感が得られます。

大人のおもちゃも指も工夫次第で、どんどん気持ち良くなれます。一人HはパートナーとのHのときにも役立ちますので、どんどん試してみてくださいね!

大人のおもちゃ初めて使う方や、選び方が知りたい方はこちらも参考にしてみてくださいね!

大人のおもちゃの使い方

もっと気持ちよくなるマニュアルManual comfortable

ひとりH編


  • オーガズムとは?・・・オーガズムとは、快感が最高潮に達する事を指します。女性は誰でもオーガズムに達するような体になっているとか…
  • オーガズムを感じよう・・・オーガズムはパートナーのテクニックが不足していたり、女性自身が自分の身体を知っていなければ感じることは出来ません。
  • ひとりHの基礎知識・・・オナニーは恥ずかしいことだとか、女性はそんなにするものではない、というように思っている人は少なくないのでは?
  • ひとりHの上手なやり方・・・男性が射精をするのがオナニーの目的ですが、女性の場合は、自分の体に触れて気持ちがいい、と感じればそれがオナニーになるのです。
  • 女性のひとりHデータ・・・私の周りで友達同士でひとりエッチの話をすることってなかったんですけど、今回はちょっと気になる女性のひとりエッチのデータを発表しちゃいます!!

【体験談あり☆】女性に大人気!クリや乳首を舐めまわすクンニマシーン

ふたりH編

  • フェラチオ講座・・・女性としては、フェラチオテクニックを磨くことは、男性を虜にする手段の一つとも言えますね!
  • 女性のベッドテクニック・・・男の人も性感帯っていっぱいあります。ワキ、乳首、おへそ、ペニス、玉袋、アナル、太腿のつけ根、膝の裏、足の裏…。数えあげたらキリがないですよね。
  • 不感症の勘違い・・・不感症と思っている人は、性感帯の開発ができていないのかも知れません。
  • 女性のセックスの不満・・・ある女性はこう言っていました。「同じエッチは三回まで」と。ギクっとする男性が多いのではないでしょうか。。。
  • 彼と一緒にイキたい・・・彼が射精した瞬間に一緒に自分もイキたいと思うのですがなかなか難しいですね(汗)
  • 性交痛について・・・一言で性交痛と言いましても、セックスの時に膣の入り口付近が痛む場合には病的ではない場合が多いです。
  • 彼が勃たない・・・勃起障害はメンタル的なものだったり、体の疲労、年齢…などなど。

copyright©20XX Angel's home all rights reserved.