『もっと気持ちよくなるマニュアル』こんなひとりHはやめよう*Angel's home*


【体験談あり☆】究極の電マ!アタッチメントをつけて楽しんで♪

ひとりHはぜひぜひおススメしちゃいますけど、中には気を付けた方がいいオナニーもあります。

オーガズム=「イク」ということ

ひとりHの頻度は?やりすぎは危険?

ひとりエッチはストレスの発散にもなるんですけど、精神的な不安や動揺を受けてそれから逃れるためにひとりエッチをしてしまう方は注意してくださいね。

性的な興奮からではなくて「ひとりエッチして気をまぎらわさなきゃ。」という思いにかられてしまうのは、神経症の一種みたいですよ。専門のお医者様に相談して治療を受けてくださいね。

エッチな空想をしながらのひとりエッチは問題ありませんから、1日に何度しても大丈夫ですよ。

危険なオナニー方法

あと、気をつけなきゃいけないのは、物を使ったひとりエッチや、尿道を責めるひとりエッチ

私は尿道が性感帯じゃないので、詳しくはご紹介できませんが、尿道を責めてあげると、すごく気持ちいいらしんです。

でも、尿道の粘膜は傷つきやすく炎症を起こしやすいそうですし、傷ついた箇所が狭くなることもあるそうなので、控えめにしておいたほうが良いようです。

物をヴァギナに入れたりするときには、割れ物は注意してくださいね。(あまりしている方もいないと思いますけど…。)アナルやヴァギナにガラス製品を入れるときには、ちょっとした圧力で、体内で割れちゃうこともありますから気をつけてくださいね。

実際に事故として多いのは、電球やワイングラスが割れちゃって怪我をしちゃったかた。どうしてもガラス製品を入れたいという方は、ビール瓶のような厚口で大きなものがいいみたいですよ。

次に事故で多いのは、アナルに異物を挿入して取れなくなってしまうこと。アナルは伸びるから、ついついボールとか卵を入れちゃう人がいるみたいなんです。でも全部入っちゃうと、出せなくなるので注意してくださいね。

もっと気持ちよくなるマニュアルManual comfortable

ひとりH編


  • オーガズムとは?・・・オーガズムとは、快感が最高潮に達する事を指します。女性は誰でもオーガズムに達するような体になっているとか…
  • オーガズムを感じよう・・・オーガズムはパートナーのテクニックが不足していたり、女性自身が自分の身体を知っていなければ感じることは出来ません。
  • ひとりHの基礎知識・・・オナニーは恥ずかしいことだとか、女性はそんなにするものではない、というように思っている人は少なくないのでは?

  • ひとりHの上手なやり方・・・男性が射精をするのがオナニーの目的ですが、女性の場合は、自分の体に触れて気持ちがいい、と感じればそれがオナニーになるのです。
  • 女性のひとりHデータ・・・私の周りで友達同士でひとりエッチの話をすることってなかったんですけど、今回はちょっと気になる女性のひとりエッチのデータを発表しちゃいます!!

【体験談あり☆】女性に大人気!クリや乳首を舐めまわすクンニマシーン

ふたりH編

  • フェラチオ講座・・・女性としては、フェラチオテクニックを磨くことは、男性を虜にする手段の一つとも言えますね!
  • 女性のベッドテクニック・・・男の人も性感帯っていっぱいあります。ワキ、乳首、おへそ、ペニス、玉袋、アナル、太腿のつけ根、膝の裏、足の裏…。数えあげたらキリがないですよね。
  • 不感症の勘違い・・・不感症と思っている人は、性感帯の開発ができていないのかも知れません。
  • 女性のセックスの不満・・・ある女性はこう言っていました。「同じエッチは三回まで」と。ギクっとする男性が多いのではないでしょうか。。。
  • 彼と一緒にイキたい・・・彼が射精した瞬間に一緒に自分もイキたいと思うのですがなかなか難しいですね(汗)
  • 性交痛について・・・一言で性交痛と言いましても、セックスの時に膣の入り口付近が痛む場合には病的ではない場合が多いです。
  • 彼が勃たない・・・勃起障害はメンタル的なものだったり、体の疲労、年齢…などなど。

copyright©20XX Angel's home all rights reserved.