『もっと気持ちよくなるマニュアル』女性がオナニーするのは当たり前♪*Angel's home*


天使のおもちゃ箱は膣圧向上グッズも販売中♪

ひとりH(オナニー)の基礎知識

みなさんは、どのようなやり方でオナニーをされてますか?オナニーにも人それぞれやり方は多種多様です。

最近は大人のおもちゃを使ってオナニーをする方が増えてるんですよ♪

オーガズム=「イク」ということ

女性もオナニーだって当たり前♪

オナニーに罪悪感を持っている人は、もうそんなにいないのではと思いますが、恥ずかしいことだとか、特に女性はそんなにするものではない、というように思っている人は少なくないのではないかと思います。

女性だって性欲はあるし、精子がたまるのと同じように各自の体のメカニズムにあわせて性欲が強い時期があったりします。

男性は若いころに性欲のピークを迎えるのに対して、医学的に女性の性欲のピークは、35歳を過ぎて40歳を迎える頃であると考えられているそうです。

時期的には生理を終えてから12〜14日目、つまり排卵前の3日間に最も性的欲求が高まることが判明しています。

これはやはり子孫を残そうという女性の本能ですよね(#^.^#)

イライラするよりオナニー♪

セックスしたいのに我慢して、イライラしたりするよりもオナニーをしたほうがずっといいですよ。体って使っていないと、ついつい、使い方を忘れちゃいますよね。

気持ちいい場所を忘れてしまうと、イクってどういうことだっけ、セックスってどこをどう刺激すると気持ちいいんだっけ、ここ気持ちよかったはずなんだけど気持ちよくない、なんてことが起こったりしてきます。

セックスの経験が少なかったり、妊娠などでセックスを控えていた方は経験あるのでは?

イライラするより、サクッとオナニーしちゃいましょ(笑)

【体験談あり】強力パワー電マ!イクまで続く!!

自分の性器を知ることも大事

自分の性器を知ることも大事ですよ。定期的に鏡で膣を見ることは、自分の性器を肯定できるようになるだけでなく、病気などの発見にもつながります。

自分の性器は上からしか見ることができません。実は、これ、影ができて黒ずんで見える原因になっているんです。手鏡で正面から見てみると、思っていたのは違う色、形が見えてくるはずです。

自分の顔はどうメイクアップすれば魅力的になるということは知っていても、自分の性器はどういじってあげると悦ぶかを知らないのはちょっともったいないと思いませんか?

自分の体の健康状態には気を使っていても、性器だって自分の体の一つです。

また、オナニーで性感帯の開発をすることができます。

オナニーは感度アップに繋がる!

オナニーをすることで、恋人とのSEXの関係もよくなるはずです。パートナーとのHが感じない・・・と思っている人はぜひオナニーをしてみてください。

性感帯が性感を感じるレベルは、長期に渡って繰り返し刺激することによって開発されてきます。

初体験のときは感じなかったのに、その人とSEXの回数を重ねると感じてくるのは、ある部分自分の性感帯が開発されてくるのが要因のこともあります。

自分が気持ちいいと感じる部分、そして気持ちいい刺激のされ方を自分自身でわかれば、パートナーに上手く伝えれば、もっと2人の関係が深まります。

どのような場所をどのような角度で、どのように刺激されると感じるか。オナニーをしながら、自分の感覚をもっと養ってみてはいかがですか?

性感帯(Gスポット、クリトリス、ポルチオ)の開発方法はコチラ

もっと気持ちよくなるマニュアルManual comfortable

ひとりH編


  • オーガズムとは?・・・オーガズムとは、快感が最高潮に達する事を指します。女性は誰でもオーガズムに達するような体になっているとか…
  • オーガズムを感じよう・・・オーガズムはパートナーのテクニックが不足していたり、女性自身が自分の身体を知っていなければ感じることは出来ません。
  • ひとりHの基礎知識・・・オナニーは恥ずかしいことだとか、女性はそんなにするものではない、というように思っている人は少なくないのでは?
  • ひとりHの上手なやり方・・・男性が射精をするのがオナニーの目的ですが、女性の場合は、自分の体に触れて気持ちがいい、と感じればそれがオナニーになるのです。
  • 女性のひとりHデータ・・・私の周りで友達同士でひとりエッチの話をすることってなかったんですけど、今回はちょっと気になる女性のひとりエッチのデータを発表しちゃいます!!

【体験談あり☆】女性に大人気!クリや乳首を舐めまわすクンニマシーン

ふたりH編

  • フェラチオ講座・・・女性としては、フェラチオテクニックを磨くことは、男性を虜にする手段の一つとも言えますね!
  • 女性のベッドテクニック・・・男の人も性感帯っていっぱいあります。ワキ、乳首、おへそ、ペニス、玉袋、アナル、太腿のつけ根、膝の裏、足の裏…。数えあげたらキリがないですよね。
  • 不感症の勘違い・・・不感症と思っている人は、性感帯の開発ができていないのかも知れません。
  • 女性のセックスの不満・・・ある女性はこう言っていました。「同じエッチは三回まで」と。ギクっとする男性が多いのではないでしょうか。。。
  • 彼と一緒にイキたい・・・彼が射精した瞬間に一緒に自分もイキたいと思うのですがなかなか難しいですね(汗)
  • 性交痛について・・・一言で性交痛と言いましても、セックスの時に膣の入り口付近が痛む場合には病的ではない場合が多いです。
  • 彼が勃たない・・・勃起障害はメンタル的なものだったり、体の疲労、年齢…などなど。

copyright©20XX Angel's home all rights reserved.