セックスの時にあえぎぎ声を出す??女性ならではの疑問が分かります!*Angel's home*

<STRONG><A href="https://www.sopia-jp.com/omocha/">ふたりの愛がより深まる大人のおもちゃ通販店</A></STRONG>
ふたりの愛がより深まる大人のおもちゃ通販店

セックスの時に声を出しますか?

男性は女性が気持ちよくなってる声を聞きたいという方が多いのです!感じて声を出すようにしてあげることも大事な愛にカタチですよ♪

大人のおもちゃを使っていつもと違うことをしてあげるといつもよりセクシーな声がきけるかもしれませんね♪

あなたはセックスの時、声を出しますか?

セックスの時声を出しますか?

男性から声を出して欲しいと言われますか?

セックスの時声を出しますか?

セックスの時、あえぎ声を出しますか?」という質問に対して、「よく出る」と答えた女性が64%いました。「どちらかと言えば出る」28%、「あまり出さない」7%、「出さない」1%と続きました。

また、男性から「あえぎ声を出して欲しい」と言われたことがある人は92%と、ほとんどの人が経験してるとのことです。

男性は女性に対してあえぎ声を出してほしいと思っているのは、女性が気持ちよくなっているのを耳で確かめたいのしょう。

あえぎ声というのは人間の感情を伝えるのに一番便利ですよね。

あえぎ声に対する男女の差

脳が性欲を支配するのは同じなのに、男性のほうがあえぎ声を求めるのはいったいなぜ?

その理由は、脳の男女の差にありました。アメリカの脳科学者シェイヴィッツが男女の脳について、こんな実験を行っています。

男女に同じ言語刺激を与え、脳の血液量の違いを調べたのです。すると、男性は左脳だけが反応したのに対し、女性は左右両方の脳がバランスよく反応していたのです。

この違いを生んだのは脳梁。「脳梁」とは、左右の脳を結ぶ神経組織の束。直感や感覚を司る右脳と、論理的な思考を司る左脳。この対照的な二つの脳を結び、情報の橋渡しをしています。

脳の断面を写した写真を見ると一目瞭然、脳梁は序しえの方が太いのです。

女性はこの太い脳梁のおかげで左右の脳の情報交換が活発に行われ、マルチに情報を処理できます。

セックスの声が脳で処理される過程もこれと同じこと。声の刺激を受けるのは左脳ですが、女性の場合、左脳で受け取ると同時に、その情報は右脳へとスムーズに送られ、左右両方の脳で処理されるのです。

右脳はイマジネーションや想像力を司る脳。声の刺激が右脳にまで達する女性はわずかな声でもイメージを膨らませることができます

一方、左脳だけで声を聞く男性は、あえぎ声から生まれるイメージが女性ほど多くありません。そのため。より多くの声を求めるのです。

女性用媚薬☆「潮吹貝(しおふきがい)」たちまち敏感ボディに♪疼きが止まらない…

あえぎ声を出しているとセックスに没頭できる

さらに女性はあえぎ声を出すことでセックスにある効果をもたらします。

それは恥じらいからの開放

性欲を支配する大脳新皮質は恥じらいを感じると本能を抑制、辺縁系にまで情報が届かないのです。

しかし、声を出していると大脳新皮質は他の情報を遮断、恥じらいなどの抑制を解き放ちます。

つまり、たとえ演技であっても、あえぎ声を出していくうちにセックスに没頭、気持ちよくなれるのです。

セックスで声を出すのが恥ずかしいあなた。そんなあなただって男性の思わず漏らした声で興奮が高まったことはありませんか?

セックスの声とは、2人の気持ちと感覚を高め合うもの。自分も相手もより気持ちよくなれるメロディだったのですね。

それぞれの愛のカタチThe shape of each love


copyright©20XX Angel's home all rights reserved.